トラ子のまんま


うっかり乳がんになっちゃいましたが私は私。
by torakonomanma
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

陶芸はじめます

b0273872_944934.jpg


以前からチェックしていたお教室にやっとこさトライ。

居合わせた1ヶ月先輩のサバサバした方によれば、かなりゆるく、自由に、でもガッツリやりたければそれもアリな、いい場所らしい。
やったね。

先生も「正解はないからね~」といいつつ、基本をザーーーーーーっと一気に説明した後、工房隣の自宅へお夕飯の支度に戻られた。
イッキに聞きすぎて(メモもテキストもなし)あいまいな記憶をたどりつつ何となくやって何となく形になった。

ウフフ、柔らかな土を触っているだけでも気持ちいいし、楽しい。

いいペースで(自分にとって)楽しみたいです。
次は”削り”という作業を教えてくれるそうです。

ほのぼのとしたご年配のご婦人先生で、どうやらお話し好き。
9時前には退散しようと片づけ始めたのに、結局10時までおしゃべりしちゃった。

夜の11時まで時間制限なしでいていい(作業していい)システムだそうで、作業とおしゃべりのペースも掴まなくてわ!
[PR]
by torakonomanma | 2012-11-29 09:44 | 陶芸教室

ご当選

b0273872_1736575.jpg

応募した記憶がおぼろだけど…


☆パナソニックのまつげくるん
☆マジョマジョのマスカラ


ご当選だって〜
ラッキー(≧∇≦)


まつげあってよかった( ̄∀ ̄)
[PR]
by torakonomanma | 2012-11-27 17:36 | 携帯からチョッと

専用品

ユ○クロのブラキャミ愛用してます。
乳がん手術後は(全摘の場合だけかも)普通のブラ(ワイヤー入り)出来ないらしい、とだけの予備知識でいました。
術後にちゃんと看護師さんから専用品のカタログなんかも紹介してもらいましたが、形成の先生が「ソフトブラとかブラキャミでいいですよ~」って言うから、入院時に着用していたブラキャミで退院することが出来ました。
人によっては腕を上げるのがキツイor痛いで大変かもしれないけど、まんまと着れました。ちょっと着づらかったけどね。

術前化学療法中から愛用していましたが、今じゃすっかり日常着。
点滴当日はちょっとリラックスモードの方が快適な感じだった。どうせゴロゴロしてるし。
退院後は毎日コレ。
脱ぎ着が多少大変でしたがだんだん慣れてくるので、コレも一つのリハビリになったかも。でもコレって下から(スカートのように)履くのが正解らしいですね。
だけど私はやっぱり上から着ちゃいます。

で、なにせ毎日。
季節的に洗濯物も乾きづらい・・・と、補充するべくユニ○ロへ伺いましたが・・・。
冬って売ってないのね。
あれって夏のモノなのね。
ガビーーーン。
ボロッちいの捨てなくてよかった。

急遽方々チェックしてみたら、あることはあるけど、私の求めるピタッと感は着てみないとわかんないなぁ。
リラックス感満載じゃ困るのよ。
だって左の乳が垂れたら困るじゃん!(何ともない方)
でも右の乳には優しくしてほしい(エキスパンダー入っている方)。

あ、だから専用品なのね。
カタッポだけ細工が・・・みたいな下着が載っていた気がする(もう忘れた)。
それにしても需要があれば供給があるものです。
下着だけじゃなくって水着とかもあった。しかもおっぱいだけじゃなくて、リンパ廓清した(ひきつれた)わきの下までカバーする(見えなくする配慮)水着とかもあるの。
いろんな工夫で皆さん快適な生活のキープを試みているのですね。
私も相変わらずスポーツジム通ってますが、これも特に専用品に買い替えてはいないな。
ピタっと感のあるTシャツはよく見ると(そう思ってみると)左右の乳の大きさの違いが分かるけど・・・気にしないことにしてます。
首からタオルかけたら全然気にならないし。
袖丈の短いTシャツからは(場合により)脇の下も見えているかもしれないけど・・・気にならず。
襟ぐりの大きいTシャツからも傷口が見えたりしないので(傷の向きによっては見えるのかもね)気にせず。
普通が一番。
帽子もかぶらなくてよくなったから(よいことにしたから)快適な毎日です。

ホルモン療法が始まって約1か月半。
これといった副作用なし(更年期障害症状)。
時々薬の飲み忘れあり(今朝も忘れた)。
[PR]
by torakonomanma | 2012-11-26 11:16 | ちょっとしたコト

オモミ

保険会社から保険が下りた。
書類が届いたであろう日から数えてちょうど1週間後の入金。なんの通知もなかったから桁上がりしている自分の口座残高を見て驚いた。もっと時間がかかるものだと思っていたよ。
手術・入院の給付金と、特定疾病に対する特約保険金(ガンと診断されちゃったからね)。

手術・入院の給付金が思ったより多かったので、その前に受けた化学療法の費用もおおかたそれでまかなえる計算になった(ちょっと足りないけどまぁいいさ)。

で、特定疾病の方。
こんな特約入っていたことも忘れていたのでラッキー♪
と思っていたけど、いざ受け取ると(通帳を見ると)こんな金額受け取るほどの出来事だったんだなぁ・・・と思うとちょっと凹む。

とはいえせっかくのお金(保険料も散々払ってきたんだし)、大切にせねば!
もしもに備えて・・・と考えるのもしゃくなので、5年後(ホルモン療法終了後)にドカンと使ってやるぜ!くらいのつもりで定期にしておこうかな。
[PR]
by torakonomanma | 2012-11-21 10:59 | ちょっとしたコト

手術の夜

すっかり記憶もおぼろな手術の前後~。

後で確認したら手術時間は約5時間半。
切開~摘出が乳腺外科、バトンタッチでエキスパンダー挿入と縫合が形成外科という、具体的にどんな作業かさっぱりわからないことが私の胸の上で行われていた・・・って、すごいね麻酔。
病室(6人部屋)へ戻る途中で麻酔からは冷めていて、お部屋の定位置には母と妹もの待っていてくれて「無事に終わってよかった」的なことを言われて、うんうんとうなずいたかな。酸素マスクついてた?「暑い」ってしゃべった覚えがあるからついてなかった?
「暑い」といいながら布団をはぎ取った時に母が「右腕動くのね!」と驚いていたけど、自分も「あ、普通に動くんだ~」と朦朧とした頭ながら思った。

不思議に思うこと。
その間ずーーーーっと目を閉じていたこと。
なんで目を開けなかったんだろう。開かなかったのかな?開けようと思わなかった気がする。母の顔とか先生の顔とか見てみればよかった。私だけが見られていたんだな、当然。

しばらくして母と妹は帰り(夜も9時をまわっていたし)、その後も看護師さんの頻繁なチェックを受け、何やらいろんな管が自分についていることを手探りで確認したりしつつウツラウツラ・・・。
 ちなみについていた管は
 ・術前からの左腕への点滴1本。
 ・創部へのドレーンパック2本。
 ・両足に血栓予防のためのエアポンプ。
 ・尿管から1本。
 ・左手に握らされたナースコール。
 ・酸素マスクは・・・いつまで付いていたかさっぱり記憶なし。

そして腰痛。これがつらかった。
午後からずーーっと仰向けに寝かされていたわけで、自前の腰痛がうずきだしたのは何時頃だろう。
チェックに来た看護師さんに「腰が痛い」と訴えたけど「もう1時間は仰向けしかダメですぅ~」とサックリ。
時計も見えない状況での1時間待ちは長いね。
まだかな?まだかな?痛いよ。痛いよ。

しかるのち右側の背中下にクッションを挟んでもらって左へ45度ほど態勢を傾けていただく。幸せ。
こんな時に華奢な看護師さんでもヒョイと作業できるように持参したバスタオルが体の下に敷かれていることに納得(うまく段取り出来ているんだなぁ)。

そしてまたしばしのち、ラウンドに来た看護師さんが「仰向けに戻りますか?」と聞いてくれたので、戻していただく。快適。

だけどだけど、やっぱりまた痛い・・・。
だけど自分じゃ体が動かせない・・・。
次のラウンドはいつだろう?
エアポンプがついているから膝もろくに曲がらない。
痛みのごまかしようがない・・・。
待ってるときはなかなか来ない。

押しちゃう?ナースコール。
腰が痛いときも押していいの?
結構な時間(自分の中で)逡巡しましたがナースコール。

この後は左ななめ45度の態勢をキープ。仰向けは自分的に危険。
でもやっぱり痛くなる、どうする私。

病院のベットに柵がついているのって便利ですね。
リンパ廓清した右腕でむんずと柵をつかんでグイッと引き寄せれば、90度に態勢を支えることが出来ました。あとは軽く柵をつかんでいれば90度態勢キープ!
この45度と90度の態勢をリンパ廓清した右腕でコントロール。
長い長い夜をやり過ごしました。

負荷をかけてはいけません。
高い位置に置いておくべき。
の、リンパ廓清した右腕でこんなことしていてよかったかどうかは不明。

わずかに見える空の色で時間を推し量りながら、今か今かと朝を待ちました。
[PR]
by torakonomanma | 2012-11-16 16:06 | イザ手術

ベリーベリー★ショート

11月6日 形成の外来で生理食塩水を仮おっぱいに入れていただく。ただ今310ccのおっぱい。まだまだもうちょっと入れていく模様。

で、そのあとは予約してあった美容院へ♪
思い起こせば去年の12月に地毛を切って頂いた後から約一年。途中ウィッグのカットをしてもらってからも半年以上。お久しぶりです。
先月顔を出した時に「もう1ヶ月我慢して」と言われてからウズウズしっぱなし。

もうそろそろベリーショートと言い張ってもイケるんじゃね!?
ってことで。

b0273872_10362316.jpg

ベリーベリーショートってことで。

すごくスッキリしました。   気持ちが


で、翌日11月7,8日は母とバスツアーに参加の予定でしたので、ココはさっそくス頭で。

・・・結局寒いので(頭が)帽子は持参でしたが。

被りたいときだけかぶり。
脱ぎたいときに脱げる帽子って・・・しあわせ。

ご飯の時に帽子かぶってないし~♪
高速フェリーで風にあおられても平気だし~(ヅラだったら絶対飛んでいく)♪


旅も楽しかったけど、帽子もウィッグもない時間が過ごせたのが楽しかった。
これからお友達の評価も集めていこうと思っています。

でも自分で言うのもナンですが、似合っているんですよ。
ロマンスグレーにも程がある、ってくらいの白髪頭はヘナで染めてもらいました。
案外長い部分もあって、最長で6~7センチあったみたい。カットした紙も一部3~4センチあったりしたし。せっかく伸びたのにもったいないな、とも思ったけど『ベリーショート』として成立するようにカットしてくれました。
そしてブローもしてもらっちゃった♪

脳天に太陽が当たるって気持ちいいです。
[PR]
by torakonomanma | 2012-11-09 10:49 | 抗がん剤治療

手術のまえ<続き>

友人(の母)が同じく乳がんで手術をしたときには、市内の別の病院で当日入院だったそうです。手術前日の外来でおっぱいあたりにマジックで切り取り線を引かれたのは同じでしたが、「明日の朝8時に来て」と帰されてしまい、その夜、翌朝と不安な時間を過ごして「熱が出たって言って行かないでおこうかな」とこぼしたそうです。
・・・そりゃそう思うよな。

私が手術を受けた病院は『2日前入院』。2日も何するんだろ?と不思議に思ったけど、乳腺外科、形成外科(再建する人だから)、麻酔科の手術説明と同意のサイン。看護師さんからの看護計画の説明。術後に行うリハビリの説明とリハビリ室の下見。T字帯の購入(制度が変わって普通の下着でもよくなったというので、着替えとして持って来ていた普通のおパンツで済ませる)。
と、なかなかめまぐるしいスケジュールが組まれていました。

「チーム医療」とかで担当医の他にも顔を出してくださった先生が・・・4人?他に教授、看護師長、薬剤師・・・って、覚えきれませんでしたけどね。
なにがどんな順番で進んだのかさっぱり忘れちゃいましたが・・・
・念のため前の晩は睡眠導入剤を飲んだ(とりあえずぐっすり寝とけ)、でも眠りは浅かった。
・手術は午後からだったけど9時ころから絶飲食。どうしてものどが渇いてひと口水を飲んだ。
・手術着に着替えた後、「せっかくだから」とマジックで線のひかれたおっぱいの写真を撮った(カメラマンは母)。
・手術室へは徒歩で移動。担当医が迎えに来てくれて、担当看護師さん、母、妹と一緒に移動。見送られて涙が出そうになりました。


手術室は12部屋あるそうですが、私は1号室(?)長~い廊下をちょびっとしか歩けなくて(観察できなくて)残念。
手術台は「ベット」というより、まさしく「台」。生贄にされるんじゃないかって感じ、用意された踏み台を使って「よっこらせ」と台に上がる。
「結構広いんですね~」なんて看護師さんと話していたはずなのに・・・・





ガラガラガラガラ・・・・
ベットが移動する音がする。
「終わりましたよ~」って担当医が言っている。
「気持ち悪いっ」と思ったら何かが口からひと口出た。何が出たんだろう。
そして長い夜が始まった・・・。
[PR]
by torakonomanma | 2012-11-05 16:18 | イザ手術
トラ子です
16人にひとりという乳がん当番してます。でも元気だし、とくに変わったことありません(片乳だけどね)。そんなわたしの日常です。

2011.12乳がん告知(浸潤性小葉癌)→術前化学療法約半年→2012.9右乳房全摘手術(リンパ節転移なし、グレードⅡ)→2012.10~ホルモン療法中(5年の予定) (^○^)
カテゴリ
最新の記事
へいわ
at 2016-12-31 15:12
安曇野スタイル
at 2016-11-05 15:49
大町トレッキング
at 2016-10-30 17:13
緻密
at 2016-10-29 13:04
お食事会
at 2016-10-29 12:58
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
フォロー中のブログ
ブログジャンル
画像一覧