トラ子のまんま


うっかり乳がんになっちゃいましたが私は私。
by torakonomanma
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

手術のまえ

2日前入院ということで9月4日入院しました。
指示通り午前中には手続等完了、お昼ご飯から病院食スタート。
普通食だからですよね、ご飯はどんぶりごはんだし、味付けも充分しっかり(その後2ランク下の小盛り1/2に変更)。

人生初の入院でドキドキもだけどワクワクもあり、病棟案内でもクルクルキョロキョロ。
手術直前に転勤による担当医の変更、という間の悪い私はここで初めて新しい先生とまともに対面します。病室で軽く雑談した後は翌日(手術前日)の手術説明&印し付け。
初めて患部をご披露し、以前の画像データと見比べつつ抗がん剤の効きっぷりをチェック。結構よく効いてはいたけれど、それでも約2センチの腫瘍とちびっこさんたち数人(数粒?)ざっくりとおっぱいにマジックで線を引かれます、まさしく切り取り線。
乳頭を中心にたっぷりとしたソラマメみたいな絵を描かれました。再建もするし、表皮はぎりぎり少なめに切ってくれるようです。ちなみに中身はごっそり乳腺全摘出。

わきの下のリンパ節に関しては・・・・「センチネルでいけないの?」とダメ押しで聞いてみたけど(ごく一部だけ採って顕微鏡で確認ののちウマくしたら廓清せずに済む)、術前治療で抗がん剤をした場合は「対象にならない」のだそうだ。
術前の抗がん剤でリンパの流れが変わっている「かもしれない」、というのが現在の見立てだそうです。で、現在「そんなことないでしょ」の研究が進んでいるとかで、『術前抗がん剤をした場合のセンチネルリンパ節生検の有用性』を調べるために協力してくれない?という説明も受けました。

たっぷり説明してもらったし、拒否したとしてもなんら不利益をこうむることはないとも説明してもらいました。まさしく私に適用してもらいた研究でしたが、あくまで研究のためのサンプル、参加してもどのみち『リンパ節廓清』の私。
使用する薬剤などについての費用負担は無し(病院持ち)とはいえ、薬が入るのは私の体なので・・・お断りしました。
返事をしてから母の顔を見たら、大きくうなずいていました。おほほ、心の狭い親子でスミマセンね。

取り出した組織その他を研究等に使用、というのは同意。取り出しちゃったものは煮るなる焼くなり好きにしてください。記念にもらうわけにもいかないしね。

ちなみに麻酔医からも気管挿管(?)を救急救命士資格取得『前』の実技として、させてくれないかと提案されました。なんでも資格取得には一定数の『実技』が必要なんだそうです(もちろん万全のサポート付き)、それもそうだよなぁ~。


と、思ったけどコレもお断り。
入院が人生初なら、全身麻酔も人生初!なんですよ。申し訳ないけど協力できません、スミマセン。
このことを友人の看護師に話したら、「たぶん誰にでも頼んでるんじゃないと思うよ。若くてイキのいいのを選んで頼んでるんじゃない?」と。
・・・なんかそう言われると協力してあげればよかったかな?

すでに忘却の彼方のような気がしていた入院&手術の日々ですが、思い出したら案外思い出したので・・・続く。


そうそう、手帳を確認したら去年の10月29日に(今となっては)運命の乳がん検診を受けたんです。
いやぁ~、あれから1年か・・・・。
[PR]
by torakonomanma | 2012-10-31 13:03 | イザ手術
トラ子です
16人にひとりという乳がん当番してます。でも元気だし、とくに変わったことありません(片乳だけどね)。そんなわたしの日常です。

2011.12乳がん告知(浸潤性小葉癌)→術前化学療法約半年→2012.9右乳房全摘手術(リンパ節転移なし、グレードⅡ)→2012.10~ホルモン療法中(5年の予定) (^○^)
カテゴリ
最新の記事
へいわ
at 2016-12-31 15:12
安曇野スタイル
at 2016-11-05 15:49
大町トレッキング
at 2016-10-30 17:13
緻密
at 2016-10-29 13:04
お食事会
at 2016-10-29 12:58
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
フォロー中のブログ
ブログジャンル
画像一覧