トラ子のまんま


うっかり乳がんになっちゃいましたが私は私。
by torakonomanma
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

手術のまえ<続き>

友人(の母)が同じく乳がんで手術をしたときには、市内の別の病院で当日入院だったそうです。手術前日の外来でおっぱいあたりにマジックで切り取り線を引かれたのは同じでしたが、「明日の朝8時に来て」と帰されてしまい、その夜、翌朝と不安な時間を過ごして「熱が出たって言って行かないでおこうかな」とこぼしたそうです。
・・・そりゃそう思うよな。

私が手術を受けた病院は『2日前入院』。2日も何するんだろ?と不思議に思ったけど、乳腺外科、形成外科(再建する人だから)、麻酔科の手術説明と同意のサイン。看護師さんからの看護計画の説明。術後に行うリハビリの説明とリハビリ室の下見。T字帯の購入(制度が変わって普通の下着でもよくなったというので、着替えとして持って来ていた普通のおパンツで済ませる)。
と、なかなかめまぐるしいスケジュールが組まれていました。

「チーム医療」とかで担当医の他にも顔を出してくださった先生が・・・4人?他に教授、看護師長、薬剤師・・・って、覚えきれませんでしたけどね。
なにがどんな順番で進んだのかさっぱり忘れちゃいましたが・・・
・念のため前の晩は睡眠導入剤を飲んだ(とりあえずぐっすり寝とけ)、でも眠りは浅かった。
・手術は午後からだったけど9時ころから絶飲食。どうしてものどが渇いてひと口水を飲んだ。
・手術着に着替えた後、「せっかくだから」とマジックで線のひかれたおっぱいの写真を撮った(カメラマンは母)。
・手術室へは徒歩で移動。担当医が迎えに来てくれて、担当看護師さん、母、妹と一緒に移動。見送られて涙が出そうになりました。


手術室は12部屋あるそうですが、私は1号室(?)長~い廊下をちょびっとしか歩けなくて(観察できなくて)残念。
手術台は「ベット」というより、まさしく「台」。生贄にされるんじゃないかって感じ、用意された踏み台を使って「よっこらせ」と台に上がる。
「結構広いんですね~」なんて看護師さんと話していたはずなのに・・・・





ガラガラガラガラ・・・・
ベットが移動する音がする。
「終わりましたよ~」って担当医が言っている。
「気持ち悪いっ」と思ったら何かが口からひと口出た。何が出たんだろう。
そして長い夜が始まった・・・。
[PR]
by torakonomanma | 2012-11-05 16:18 | イザ手術
トラ子です
16人にひとりという乳がん当番してます。でも元気だし、とくに変わったことありません(片乳だけどね)。そんなわたしの日常です。

2011.12乳がん告知(浸潤性小葉癌)→術前化学療法約半年→2012.9右乳房全摘手術(リンパ節転移なし、グレードⅡ)→2012.10~ホルモン療法中(5年の予定) (^○^)
カテゴリ
最新の記事
へいわ
at 2016-12-31 15:12
安曇野スタイル
at 2016-11-05 15:49
大町トレッキング
at 2016-10-30 17:13
緻密
at 2016-10-29 13:04
お食事会
at 2016-10-29 12:58
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
フォロー中のブログ
ブログジャンル
画像一覧